News
FAQ Search icon_logout FAQ View
Model : 
KE6900 KE6900R KE6900ST KE6900T KE6940 KE6940R KE6940T KE8950 KE8950R KE8950T KE8952 KE8952R KE8952T CCKM KE6900AR KE6900AT KE6910 KE6910R KE6910T KE6912 KE6912R KE6912T KE6920R KE6920T KE6922R KE6922T KE6940AR KE6940AT KE8900SR KE8900ST KE9950 KE9950R KE9950T KE9952 KE9952R KE9952T
 
Subject : 
CCKMの冗長化設定について(CCKM)
 
Description : 
CCKMを冗長化で使用する際に気をつけることはありますか?
 
Solution : 
以下をご参考ください。

■USBキーについて
冗長化機能を使用する場合は、前提としてUSBキーが2つ、プライマリーサーバー用とセカンダリサーバー用それぞれが必要になります。
CCKMのサービス起動時にUSBキーの接続確認を行いますため、常時接続をしてご利用ください



■USBキーの認証(機能解除)について
冗長化機能を有効にする場合、CCKMをインストールしているサーバーにUSBキーを接続して、リモートログイン後のトップ画面の右上からの設定画面にて「一般>基本」にある「クリックしてアップグレードする」というリンクを押す、または「シリアルナンバーを入力してください」という項目でUSBキーに記載されているシリアル番号が表示されているかご確認ください。サービス起動前にUSBキーを接続している場合、通常はサービス起動時に自動で認識されるようになっております。




■ネットワークセグメントについて
CCKMは1つのセグメントに対して1つのプライマリサーバーだけが稼働することを前提に設計されております。
そのためNATによる別セグメント間の接続や、

複数のプライマリーサーバーを稼働する環境は構築をしないようご注意ください。


■冗長化構築方法
以下はCCKMのv2.0.193以降のバージョン(通称R3)に関しての内容となります。



▲流れ
1. プライマリサーバーのサービスを停止した状態で、セカンダリサーバーのサービスを立ち上げてから冗長設定を開始する

2. 冗長設定はUSBキーによる認証有効後に設定が可能となります

3. 冗長設定中にセカンダリサーバーでデバイスの登録は行わないでください
4. プライマリサーバーのサービスを立ち上げて、USBキー認証、冗長構成を有効にしてください
5. 設定完了後、ログメッセージで「database is synchronized」と記録されたら成功です。

6. デバイスの登録を行ってください

■マルチホーム環境での構築について
添付ドキュメントをご参照ください
 
Attachment : 
Attachment
 
Related FAQ : 
KE series / Netgear Switch Configurations
インストールが出来ない(CCKM)
モニタの表示が出来ない(EIZO/KE6900シリーズ)
複数台のL2SWをカスケードしてKE6900を接続したい(KEシリーズ)
HDCP対応について(KE6900/6940)
 

Was this information helpful? Y   N  
Any Comment? 
Thank you for your valueable comment!!!!
 
Still need more assistance? 
 
 
  Mobile Support